×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の医療保険は必要?

子供が産まれると、子供のために医療保険を考える人も多いですよね。
また最近では、学資保険にも、貯蓄だけではなく、医療保障の面でも充実させた保険もたくさんあります。
ではいった、子供の医療保険は本当に必要なのでしょうか。
現在は少子化対策として、子供の医療費には、区市町村からの手厚い助成があります。
就学前の子供なら、健康保険証を使って診療を受けた場合、保険診療の自己負担分が助成されます。
地域によっては、小学生や中学生まで、助成が受けられる地域もあります。
また、保険というのは、病気やケガで入院や手術が必要になった時、経済的な負担を減らすためのものです。
一般的な家庭で考えると、子供よりも、世帯主である人が病気やケガで入院が必要になった場合に、一番経済的負担が大きいですよね。
そうであるならば、やはり子供の医療保険よりも、まずはパパやママに対する保険を充実させておくことが重要です。
パパの医療保険が十分に確保できたら、次にママの医療保険を考えましょう。
専業主婦であっても、ママが入院や手術になった場合は、家計に負担が生じますね。
医療費はもちろんのこと、家事を委託したり、ベビーシッターが必要になったり、色々な面で負担が出てきます。
子供の医療保険は、パパとママの保険を充実させてから、重要度としては家族の中で一番後になります。
これらのことを考えると、子供の医療保険は必ずしも必要ではないケースもあるように思います。
まずは、夫婦の保険をしっかり確保しておき、それでも子供の医療費が心配な場合は、掛け金が安い、共済などの保険を検討してみると良いでしょう。

子供の医療保険が必要な場合

現在では、子供の医療費に関して、区市町村からの助成金を受け取ることができます。
また、子供の入院する確率も低いことから、子供のための医療保険は、それほど必要ではないと考えられています。
けれどもこれが全ての家庭にあてはまるのではありません。
子供の医療保険が役立つと思われる家庭とは、夫婦が共働きをしている家庭、シングルマザーもしくはシングルファザーの家庭です。
子供が入院や手術が必要になった時、病気やケガをしてしまった時に、家で看病したり病院で付き添ったりすることのできる人がいない家庭には、子供の医療保険が力を発揮するのです。
子供が病気やケガをした時、付き添っていてやりたいというのが親心ですよね。
それには、仕事を休まなくてはなりません。
短い期間でしたら、有給休暇を使って休むこともできますが、入院が長期にわたってしまった場合や、入退院を繰り返すようになってしまった場合などは、全て有給休暇で済ますわけにはいきませんよね。
そうなってくると、収入減になる状態は防ぐことができません。
子供が病気やケガをして、精神的にも辛い時に、経済的にも危機感を感じるようでは、大変ですよね。
そうなった時に、安心して看病できるよう、経済的な負担を軽くしてくれるのが、子供の医療保険なのです。
子供の医療保険は、大人の保険に比べて保険料が安く設定されています。
これは、同じ金額の給付金を受け取ることを考えると、随分お得感が受けられますよね。
専業主婦がいる家庭には、子供の医療保険は全く必要ではないのかな?と考えると、必ずしも、そうであるとは限りません。
1人の子供が入院することによって、様々な影響が家庭の中に起こりますね。
特に、兄弟が多い家庭では、ベビーシッターも必要になるかもしれません。
そのような緊急事態を考えて、経済的な負担をなくしたい、と考える家庭には、やはり子供の医療保険を考えてみても良いかもしれません。

子供の医療保険の種類

子供が産まれると、子供のための保険を考える人はけっこういらっしゃいます。
子供のための保険といえば、将来の教育費の確保のための学資保険がありますが、子供のケガや病気のための医療保険もあります。
子供医療保険は、一生涯保障される「子供終身保険」と一定期間に限定された「子供定期保険」とに分けられます。
定期保険は、終身保険よりも保険料は安めですが、子供が将来、成人してから新たに保険に加入する時に、継続して加入できる終身保険の方が保険料が安くなります。
保険を子供へのプレゼントとして考えているなら、子供の終身保険に加入しておけば、将来、子供に感謝される時がきっとくると思いますよ。
また、子供の医療保険に加入するには、親が既に入っている保険の家族特約として加入する方法と、子供を被保険者として、新しく加入する方法とあります。
家族特約として加入する場合は、子供が何人いても保険料は同じですが、子供を被保険者として加入する場合は、子供の数だけ保険に入る必要があるので、子供の数が多い家庭では、家族特約として加入した方が良いですね。
子供の病気は特に心配していないけど、ケガが心配・・・という人には、子供のケガのみ保障される、子供傷害保険があります。
動きが活発な男の子をもつお家では、加入している人が多いようです。
また、子供が野球やサッカーなどのスポーツをしていて、大人になっても続けていく可能性がある場合は、特に加入しておくことをおすすめします。
将来加入が必要になった時に、過去のケガについて問われることがあります。
加入できる時に加入しておけば、将来役立つ時がきますよ。
子供傷害保険は、子供医療保険より保険料は安めに設定されているので、是非検討してみてくださいね。

Copyright © 2008 子供の医療保険